スカラモービル活躍中!その1

階段昇降機をご利用いただいているリピーター、Yさまとの出会いは、開業間もない2015年5月のことでした。

私は大手フランチャイズに属さず、フリーで開業したため、近くで開業されている先輩方にお願いし、業務の手ほどきを受けていました。

その中でも、三鷹市の事業者・Oさまは面倒見の良い方で、ご自身は非常にお忙しいにもかかわらず、介護タクシーの”いろは”から教えていただいています。

 

ある日、Oさまからお電話を頂いた内容は次のようなものでした。

 

O様の知り合いの事業者さまが、東京の多摩地区に住む50代の男性Yさまを病院にお連れしたのですが、その方は片足を切断しており、エレベーターのないマンションの3階にお住まいでした。

Yさまは体重60キロ程度。通常は、エレベーターの無い建物で、このくらいの体重の方を介助する場合、介助者は2名体制となります。

なぜなら、車いすのまま階段を下りるのも危険をともないますし、上りにいたっては、3階まで一人で引き上げるのは至難のわざ、当然大きな危険をともないます。

しかし2名体制で対応した場合、当然人件費がかかります。同業者の相場は、1名追加でヘルパーに支払う金額が4000円。さらに階段介助料金1階上がるごとに1000円。Yさま宅は3階なので2000円。

つまり、介護タクシー運賃に、6000円はプラスされることになります。しかもそれは片道の料金なので、通院したら当然帰ってきますので、一度の通院でタクシー運賃のほかに12000円は余計にかかるということになります。

見積りの段階でそのような料金を提示したところ、そんなに支払うことはできない。しかし通院はしなくてはならない・・・

 

結局その事業者さまは、Yさまをオンブして、途中何度も休みながら、必死の思いで介助したそうです。つまりそうしてヘルパー一名分の人件費をカットしたわけです。

そして後日、再度通院の依頼を受けた事業者さまは、Oさまにいきさつを話し、Yさまの介助を代わりにやってくれないかと相談したそうです。

それを聞いたOさまも、当然そんな依頼は受けられないと言いました。そしてふと、スカラモービルを所有する私のことを思い出してくれたそうです。

 

そんないきさつで、初めてYさまの介助をすることになったのです。  (つづく)

石川たかひろ

 

広告

 

 

東京都 杉並区 世田谷区 中野区 練馬区 武蔵野市 三鷹市 調布市 新宿区 西東京市 荻窪  西荻 上荻 宮前 大宮 松庵 天沼 清水 桃井 井草 鷺宮 善福寺 井荻 石神井  方南 和田 松原 赤堤 吉祥寺 阿佐ヶ谷 高円寺 高井戸 浜田山 永福 明大前 桜上水 上北沢 八幡山 芦花公園 烏山 仙川 つつじヶ丘 富士見ヶ丘 久我山 など… 車いす ・ ストレッチャー に乗ったまま送迎可能です。まごころこめて お出かけをサポートする すぎなみ介護タクシーです。

 

 

スカラモービル活躍中!その1 への2件のコメント

  1. 古川和江

    要介護5の夫の退院時にスカラモービルで階段解除をお願いしたいです。自宅はマンション二階です。板橋区でも来てもらえるでしょうか。スカラモービルの使用料金はいくらでしょうか。

    返信

    1. takahiro

      お世話になっております。
      私最近自社のホームページを見ておりませんでしたので、コメント返信大変遅くなりました。
      本日もご利用誠に有難うございました。
      ご主人様のご帰宅の一助になれて大変嬉しく思っております。
      やはり人間誰しも自宅が一番安らぐのではと思います。
      ご主人は奥様に大事にされて幸せそうですね(o^-^o)
      何かと大変だと思いますが、これからもリハビリ頑張って下さい!
      またのご利用お待ち申し上げます。

      石川たかひろ

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL